旅行

マレーシアで有名なKiroroの「未来へ」で世界と繋がれた話

僕は、kiroroの「未来へ」が大好きです。東南アジアのマレーシアへの旅行がきっかけで好きになりました。

マレーシアに訪れる前は、特にkiroroの曲を意識したことはありませんでした。全然kiroro世代じゃないし…

なのに、現地でこの曲を改めて聴いて「なんていい曲なんだ…」と感動しました。

名曲の逆輸入!!どんな風に逆輸入したか書いていきます。

※この記事の内容は、下のnoteにて詳しく書き直しています。読んでいただけると嬉しいです。

曲を聴きたい方は、下のリンクで聴いてきてください。

www.youtube.com

きっかけはボルネオ島、サンダカンで出会ったラムリさん

マレーシアは西マレーシア(マレー半島)東マレーシア(ボルネオ島)に分かれています。今回の出会いはボルネオの方です。マップで見てみると、こんな感じです。

左がマレー半島。クアラルンプールは左の半島の中にある。マレー半島から飛行機に乗り、ボルネオ島に向かいました。

f:id:IMURUTA:20180824232336j:image

コタキナバルという街に着き、そこからまた飛行機に乗り、サンダカンというところへ。

この、サンダカンで出会ったラムリさんとの話をこれからします。

f:id:IMURUTA:20180824232312j:image

本当に静かで何もない自然豊かな場所、サンダカン

f:id:IMURUTA:20180824232354p:image

サンダカンには、テングザルを見にきました。ボルネオ島には、テングザルの保護区があるんですよ。

どんなサルかっていうとね、こんなサルなんです。

f:id:IMURUTA:20180824232256j:image f:id:IMURUTA:20180824232328j:image

超可愛い、もうこりゃ癒されるよ。

脱線するけど、シルバーリーフモンキーってのもいて、こいつも激カワなんです。

f:id:IMURUTA:20180824232308j:image

サルちゃんの紹介おわり。他にもマレーグマやオランウータンを見ましたよ!

f:id:IMURUTA:20180824232316j:image

とにかく、観光名物が「自然と動物」っていう場所なんですね。サンダカンってのは。

野性味あふれすぎて、公共機関なんてあってないようなもの。

車がないと行きたいところにサッと行けない!

アプリGrabで出会ったドライバーが最高にいい人だった

誰か、テングザルのところへ連れていってくれ…

そんなときにこのGrabというアプリを使ったら、救世主が舞い降りました。

Grab - Ride Hailing App
Grab - Ride Hailing App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ
・料金は先に提示(クレジット決済OK)
・顔写真、実績つきのGrab認定ドライバーが乗せてくれる
・いまどこにドライバーがいるかがリアルタイムでわかる
などなど、めっちゃ便利なアプリです。
Grabでお願いをしたラムリさんが空港まで来てくれたんですが、第一印象は少し怖かった…
f:id:IMURUTA:20180905222606j:plain

「ガタイが素晴らしくて、キャップ被ってるよ…大丈夫かな…」

そんなことを思いながら行き先を伝えると、イケイケな感じでスピード早めに走り出しました。

少し経って、おしゃべりをしはじめると、なんだかすごく気さくでした。

「サンダカンは初めて?どこ行きたい?」

「前はクアラルンプールにいたけど、あそこは忙しくて、こっちの方がいいね。」

いろんな話をしてくれました。

最終的に、この人と一日を共にします。丸一日案内をしてた旅の恩人。

ラムリさんがいきなり友達に電話をかけだし、「オランウータンとテングザルを見たいらしいんだけど、どっち先にしたらいい?食べる場所はどのへんがいいかな?」という相談をしてくれて、ベストなコースで観光できたのはいい思い出です。

世の中には聖人みたいにイイ人もいるらしい。

昼食はラムリさんおすすめのカフェで食べたんですけど、マレーシア旅行の中でもトップクラスの美味しさでした。

(カレーと、塩焼きそばみたいな料理)

f:id:IMURUTA:20180824232252j:image f:id:IMURUTA:20180824232300j:image

この土地を楽しんでほしいという気持ちがすごく嬉しかった。乗せてくれたのがこの人でよかったと思いながら、一日観光をしました。

最後に聴かせてくれた曲がkiroroの「未来へ」

ラムリさんのおしゃべりはとどまるところを知らない。サービス精神がすごくて、常に楽しませようとしてくれました。

話を聞きながら、「30(サーティ)をターティと発音したり、英語もマレーシアなまりとかあるんだなあ」とか思ってうなずいていると、「日本の漫画、アニメ、JPOPとか知ってるぜ」と笑顔のラムリさん。

「ナルト、キャプテン翼、ドラえもん、ドラゴンボール…」結構くわしい様子。車内のオーディオで日本の知ってる曲をかけはじめました。

おもむろにかけ始めたこの曲がおもしろくて、しばらく笑ったな。

ジャパングリッシュ?マレーシアのアーティストNameweeが歌う「Tokyo Bon 東京盆踊り2020」がクセになる 日本のみなさん、日本人の英語が「JAPANGLISH(ジャパングリッシュ)」と呼ばれているのを知ってますか?   日本の「ジャパン」と...

FLOWの「GO!!!」で一緒に「バーーン!!!!」と盛り上がったりしました。こんなに離れた土地で、カラオケで友達とやるノリみたいな盛り上がり方できるなんて…

音楽ってすごいね。アニメってすごいね。

観光も終え、空港まで送ってもらう道で、ラムリさんが「最後にこの曲をかけるね。すごくいい歌なんだ。」と、一言。

その曲は、ラジオでよく流れたり、マレーシアのヒットチャートで1位になったこともあるらしい。

聞き覚えのあるイントロのあと、透き通る歌声が聞こえてきました。

ほら足元を見てごらん

これがあなたの歩む道

ほら前を見てごらん

あれがあなたの未来

今までちゃんと聴いたことがなかった。フルで聴いたことのない歌を、まさかマレーシアの大自然の中で聴くなんて…。

kiroroの歌声は国境を越えて愛されてるんですね。

このシチュエーションで聴く「未来へ」の浸透力はすごかった。涙目になりながら、窓を見て、そしたら泣いてる自分が写って照れくさくなって、どこを見たらいいかわからなくなりました。

そして、最後にラムリさんが一言

「またおいでね」

「ファイブスターつけてくれたら嬉しいよ」

Grabは、食べログのように「他の人にも参考になる評価」がドライバーにつくようになっていて、それが星1から星5の5段階評価なんです。

涙目で星5をつけたサンダカンの夜でした。

旅も最高だったし、ラムリさんの評価も上がるし、

win-winの「未来へ」向かって歩んだね!