高橋優

高橋優ライブツアー「free style stroke」札幌【セトリ・感想】

f:id:IMURUTA:20200116233635j:plain
高橋優ライブツアー2019-2020「free style stroke」

どうも、高橋優ファンクラブ会員の いむるた@imurutalog)です。

高橋優ライブツアー2019-2020「free style stroke」に参戦してきましたので、感想を記事にします。

古い曲を知ってる人のほうがより楽しめるツアー 

昔からファンだった僕にとっては、10年間が凝縮されたライブに感じました。

「うわ、これはあの頃の優さんだ!!!」とワクワクしましたよ~

例えば、「頭ん中そればっかり」でギターを股間にあてて、グイングイン反り立たせたりねw

今回、セットリストがね、しぶかったんですよね~。

マニアックな曲をたくさん入れてくれて感謝です。 

あれもこれもやってくれるんですか!?と前奏を聴くたびにうれしくなりました。

セットリストはこんな感じ。

「free style stroke」札幌セトリ(1/16)

1. 駱駝

2. TOKYO DREAM

3. こどものうた

4. 靴紐

5. 君の背景

6. 気ままラブソング

7. 未だ見ぬ星座

8. がんばれ細野さん

9. なくしもの

10. CANDY

11. BEAUTIFUL

12. アスファルトのワニ

13. (Where’s)THE SILENT MAJORITY?

14. 高野豆腐~どこか遠くへ~

15. 明日はきっといい日になる

16. 象

17. 頭ん中そればっかり

18. 虹

【未発表の新曲】

19. One Stroke

【アンコール】

20. 微笑みのリズム

21. 泣ぐ子はいねが

22. 明日への星

 

まさかの新曲披露!その名も「One Stroke」 

のちほど、感想書きます。

 

セトリでいうと、特にこのあたりがライブで聴けたのが最高でした。

・靴紐

・気ままラブソング

・がんばれ細野さん

・頭ん中そればっかり

・微笑みのリズム

 

細野さんとか、絶対にこれ以降何年も聴けないでしょw

レアな感じがたまらないライブでした。

 

札幌のバーをモチーフにしたステージ

今回のステージは、バンドの後ろにバーカウンターがある斬新なスタイル。

札幌でスカウトを受けたときの音楽バー「クロスロードhttp://www.crs-rds.co.jp/)」

をモチーフにしているそう。

 

自由形の名の通り、自由な演出がよかった

今回は、全体的にリラックスした感じでした。

free style strokeは、「水泳の自由形」という意味。

今までの高橋優の曲のなかから、自由にセットリストを組んだらどんなライブになるか。

そんなことを考えて、つけたタイトルだそうです。

アルバムをひっさげて回るツアーのときよりも、リラックスしている様子でした。

 

弾き語りのファンクラブ限定ライブ「胡坐」とアルバムタイトルツアーの中間のような感じで、とても良かった。

ちなみに、胡坐はこんな感じでした。

www.imuruta.com

 

1曲目「駱駝」

これは、一人で弾き語り。

コートを羽織って、さながら路上ライブのような演出。

8曲目「がんばれ細野さん」、9曲目「なくしもの」

後ろのバーカウンターに楽器隊とみんなで座り、横一列で演奏。

和気あいあいとしたムードが、放課後の仲良し男子達みたいで良かった。

細野さんを、芸人のチャンカワイさんが演じたオリジナル映像が流れ、めちゃくちゃほっこりした。

17曲目「頭ん中そればっかり」

この曲が選ばれたこと自体、歓喜なんですが、

・きわどい映像

・終盤自由に歌う

この2点が追加されたことでかなり楽しい曲に仕上がってました。

映像は、揺れてる車の中で女性の足が見えるイラストとか、指名手配犯風の高橋優さんの画像とかw

(「おい、高橋」には笑った)

 

最後のほうは、「どこ見てんのよ!」だけがエンドレスで続いて、

・下まで汗びっしょりなんじゃないの?

みたいなフレーズをどんどん足して、フリータイムみたいになってました。

どぶろっくかよw 

19曲目「One Stroke」

まさかの新曲発表。

「このツアーのために曲作ってきました!」

そんなことする人だったか!

 

さわやかで疾走感のある曲調。キラキラした感じの曲でしたね。 

「時が流れ、大人になっても」「君のままで」って何回も言ってたな

 

「ツアーと一緒にこの曲も育っていけばいいと思ってます」と言ってたので、歌詞や曲調は変わるかもしれませんね。

とりあえず、特別感うれしいです。

 

21曲目「泣ぐ子はいねが」

なまはげ来ないんじゃないかと思ってたけど、やっぱりくるのね!

今回のなまはげ映像は、オリンピック仕様でした。

なまはげが、やり投げたり、ラグビーしてました。

 

コール&レスポンスがいつもよりアツかった。

最後に「オォ~イェ~!!!」って何回も連呼してて気合入ってるなあって感じでした。

1番と2番の間でコール&レスポンスするから、毎回「高齢化率日本一だって~」のところで、まだ1番だった!!って思うw

 

アルバム発表してないときのツアーのほうが好きかも

今回は、アルバムが関係していないツアーなので、どの曲が入るか全く想像がつかないぶん、ワクワクしました。

今回は、

・気ままラブソング

・がんばれ細野さん

・頭ん中そればっかり

この3曲が聴けたので、非常に満足度が高いです。

2017-2018「ROAD MOVIE」のときも、「終焉のディープキス」ではじまって興奮した記憶があるので、やっぱりアルバム発表してないときのツアーのほうが好きですね。

 

心残りは、これだけ!

「ボーリング」を待ち続けているので、それが聴けなかったことだけ!(6年ぐらい待ってる)

「あぁ、めんどくせえ!!!」って叫びたいです。優さんお願いします・・・。

 

あと、優さん、202年になってますよ

いつの時代!?

f:id:IMURUTA:20200117005823j:plain
高橋優 直筆メッセージ|札幌

他にもいろいろ書いてます!

【秋田キャラバンフェスの感想】 

www.imuruta.com

【STARING OVERのときの感想】 

www.imuruta.com

【優さんがいつもおすすめしてるお菓子の感想】 

www.imuruta.com