レビュー

「金色のガッシュ!!」のファンが「鬼滅の刃」にハマった感想|Amazonプライムで全26話見放題

f:id:IMURUTA:20200218221455p:plain
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

どうも!いむるた@imurutalog)です。

あなたの好きな漫画はなんですか?

 

ぼくが人生で一番ハマった漫画は、「金色のガッシュ!!」でした。

当時、小学生だったぼくは、カードもゲームも買ってました。

「バオウ・ザケルガ~!」って意味なく叫んでましたね。

 

ちなみに、一番好きなシーンは、キッドとナゾナゾ博士が最後の呪文を唱えるところ。

キッド「ありがとう…大好きなナゾナゾ博士!!!さようなら…」

ナゾナゾ博士「ミコルオ・マ・…ゼガルガ…」

これですね。全ガッシュファンが泣きましたね、あれは。

 

Amazonプライム会員無料「金色のガッシュベル!!」

 

ガッシュって、サンデーなんですよね。

ジャンプよりもサンデー派だったので、一般男子の教養とされる、ワンピースナルトも中途半端にしか知らないんです。

 

そんなぼくが、今ジャンプにすごく興味を持っています。 

鬼滅の刃を見てしまったからです。あの、みんな見てるやつ!

大流行りのあの漫画!!!

Amazonプライムでアニメを見たのがきっかけ

Amazonプライムで、アニメ「鬼滅の刃」が見放題なので、何の気なしに見てみたんです。

もうさ、「流行ってるものを今さら追っかけて見始めたらダサい」とか思うのはやめようって思いましたw

だって、おもしろいもの! 

kimetsu.com

竈門炭治郎?大正時代の話なのか!

1話を見て、まず大正時代の話だったことに驚いた。

みんな大正時代の話に夢中になってたのか。古文的なアレか。古き良きジャパンか?

 

と思ってたら、主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が家族を鬼に殺された…絶望がすぎる。

唯一、生き残った妹・禰豆子(ねずこ)は鬼になっていたし。

 

1話のあまりの絶望感に「重たすぎる…これが少年漫画か?」と思った。でも、なんか次も見たくなる感じ。

ていうか、「かまど たんじろう」「かまど ねずこ」って、名前が声に出して言いたすぎる!ずるい

ねずこおおおおおおお~!!!!!!!!

 

「助かった、雪で…滑ったのも雪だけど…」と炭治郎がぼやくシーンが笑えた。まじめなのか、ギャガーなのかわからない感じがすきだった。

映画みたいな映像美も圧巻だった。

主題歌「紅蓮華」のキャッチーさが異常

主題歌の紅蓮華(ぐれんげ)の素晴らしさに度肝を抜かれた。

www.youtube.com

「どうしたって!消せない夢も止まれない今も~♪」と口ずさみながら、一気に2話、3話、4話とのめりこんでいった。

 

ガッシュの「カサブタ」が最高だと思っていたけど、紅蓮華も最高です。

 

炭治郎が鬼を看取るシーンでハマった

ガッシュの話をひっぱりますけど(一番好きなので)、ガッシュの何が好きかって魔界に帰るシーンですよ。

魔物とパートナーの思い出とか、絆が感じられて、感動します。ガッシュも最後の最後まで優しいんですよね。

「優しい王様になるのだ!」が目標ですからね、ガッシュは。

 

そして、「鬼滅の刃」の主人公・炭治郎ときたら、まあ~~~優しい!!

 

今まで自分を殺そうとしてきた鬼に向かって、「この人が今度生まれてくる時は鬼になんてなりませんように」とか言えちゃう。

人間ができすぎている。

 

Amazonプライム会員無料「鬼滅の刃」

 

戦闘中、解説多めなのが好き 

戦況を実況する系の漫画と、ひたすらバチバチ戦う系の漫画がありますけど、解説系が好きなんです。

ガッシュのパートナー・清磨もめちゃくちゃ解説してくれてたのが好きでした。

 

「鬼滅の刃」は、敵の鬼もよくしゃべりますし、炭治郎もよく解説しますね。

セリフが長すぎて、少し間延びしてるところもあったけど、やっぱり頭の中うるさい系主人公がすき。

 

アニメ19話、ヒノカミ神楽の長セリフが神回でしたね

「止まるな!走り続けろ!(中略)今止まったら、水の呼吸から日の呼吸に切り替えた跳ね返りが来る!」って言いながら走るところね~、うんうん

「走れ!ねずこを守るんだ!」からの、兄妹の連携プレー

何度も見たくなるなあ、ここ!

 

まとめ:今まで避けててごめんなさい、鬼滅の刃最高です

興奮しすぎて、顔が鱗滝さんみたいに赤くなってきてしまったので、ここらで終わります。

「書の呼吸 終ノ型 舞禄締め(ぶろぐじめ)」

 

「金色のガッシュ!!」「鬼滅の刃」は、両作品ともAmazonプライムビデオで見放題です。

Amazonプライムビデオを30日間無料体験!
【お知らせ】

noteをはじめました!
下のリンクから読んでいただけると嬉しいです。

日常系旅行記 日常系記事→日常|いむるた|note
旅行系記事→旅行記|いむるた|note